さて前回、各証券会社の強みを書きましたが

わたしの言うローリスクというのは逆にゼロカットをうまく使います

と、いうのもストップアウトは悪とされていますが

海外業者なら追証は発生しません

それでいてもレバレッジ1000倍ほどで運用できます

基本的にはこれは勝てないといわれています

確かにこの条件で勝ち続けるのは無理でしょう

なぜならワンミスが命取りになりるからです

しかし15000円を1000:1で運用すれば

10枚以上もポジションを持てます

これを原資としてトレードして勝ち分はすぐに別口座に移したり

出金することで15000円以上の負けをなくすことが出来ます

もちろん最大レバレッジでポジションを持つ必要はありません

許容できる範囲で資金管理をしていきます

もちろんトレードにリスクはつき物なので

そのリスクをどう回避していくか

どう最小限に留めるかが鍵になるかと思います

ほかには前回と同じで

ボットを買ってみるとか、

投資信託、ファンドラップにするなどあるかと思います

国内業者ならサイクル注文などもできるようです

サイクル注文もうまく使いこなせば多くの利益がでると思います

往復ビンタのリスクもあるので怖いところではあるかもしれませんけどね笑

しかしことわざにあるように

何とかと挟みは使いようです

何事もうまく使いこなすことで

期待以上の成果を挙げられることがあります

もちろん使い方を間違えると怪我します

そういう点ではファンダメンタル、テクニカルの勉強だけでなく

ある意味テクニカルと言えますがこういった

自分がメインでつかう口座の情報や特徴的な注文方法なども

しっかり抑えて理解しておく必要がありますね

もちろん自分が使う口座以外も抑えておけば

自分にあった注文方法や取引方法など

新しいロジックを作れる可能性もありますから

出来るだけ調べておくことが必要ですね

林修さんは敗因として大きい部分で情報不足があるといっていました

まさにその通りだと思います

負ける原因がわからなかったら次勝てませんから

常に研究が必要ですね